エコキュートとリフォームが提供してくれる快適な住宅の可能性

快適な生活を進める

水回りコーティングの重要性

水回りコーティングをする場合、知っておきたいことはそのコーティングの種類です。コーティングをすることで、水回りの汚れが落ち、掃除し易くなると同時に見た目もきれいに見えます。では、コーティングについてはどうでしょうか。一般的なのはフッ素コーティングです。これは、耐久年数は1年程度とやや短い上に、防水性や防汚性はやや弱いのですがその価格は手を出しやすい価格と言えます。これに対してシリコンコーティングは、フッ素よりも耐久年数は1年長い2年程度です。また、防水性や防汚性に優れているのです。ただ、やや価格は高くなります。それ以外にも浴室に使いやすい防カビコーティングや耐久年数が5年程度もあるガラスコーティングなどがあります。

業者について知っておきたいこと

水回りコーティングはその種類を知ることも大事ですが、業者選びも大事です。業者には水回りコーティングの業者にはリフォーム業者や工務店などがあります。厳密にはリフォーム業者も工務店もさほど大きな違いはありません。リフォーム業者はリフォームを中心に行いますが、水回りの防水加工も行います。ただ、リフォーム業者は水回りに専門的な業者でないため、施工自体は下請け業者にお願するのです。これに対して工務店も同様で、施工自体は行っていません。下請け業者に任せるのです。そもそも水回りの施工の入り口を担っているだけで、途中は水回りの施工業者に任せているのです。このようにリフォーム会社と工務店は微妙にタイプが違うのです。